HOME>トピックス>古くなった家から新しい家まで幅広く対応するのが特徴

さまざまな要因から生まれる必要性

間取り

藤沢市では近年、多くの家でリフォームが行われて人気を集めていますが、理由は家庭や人などの要因によってさまざまです。お好みの家に変えることが出来るという点がリフォームの最大の人気の理由ですが、その多くは何らかの必要性に迫られて行われています。その理由はいろいろですが、どれも今の時代の事情を反映していることがわかります。

災害対策に備えた家造りという観点

部屋

地球温暖化の影響によって年々自然災害の発生が多くなり、しかも災害の規模も非常に甚大なものとなっていることから、災害に備えた家造りという観点からリフォームを行うという理由も増えています。藤沢市でライフラインがストップした場合に備えて、電力の確保のために太陽光発電システムを備えた屋根にリフォームしたり、地震に耐えうる家にするために耐震補強工事を行ったりといったことが主流です。

最近では子供たちが成長して結婚するとなったら、親世帯とは別々に暮らすことが当たり前になりました。子供が巣立ったことで空き部屋が増えたために、かえって維持管理が大変になったという高齢者夫婦の間では、小規模世帯にするためのリフォームが人気です。藤沢市でもこれまでよりも小さな家にリフォームすることで固定資産税や住居の維持費が抑えられるとして、小さくするリフォームが選ばれています。

独立して親世帯とは別の家を構える子世帯がいる一方で、親と子の世帯が一つになった二世帯にリフォームするという選択肢も人気です。ある程度の大きさのある家なら建物はそのままに、内部のリフォームだけで二つの世帯がそれぞれに適したライフスタイルを送りながら、一つ屋根の下でお互いに安心して暮らせます。税金その他の面でのメリットもあることから、藤沢市でも近年は二世帯へのリフォームが多く選ばれるようになりました。二世帯にすることで、年老いた親の面倒を楽に見られるという安心感もリフォームする大きな理由です。

広告募集中